読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輝ける虹色の7つ星

好きなことを好きなだけ。

KING OF PRISM by PrettyRhythm in 新宿バルト9

新宿バルト9で238日間にも渡って上映され続けてきたキンプリがとうとう最終日を迎えたのですが、運良く座席をもぎ取ったので、お邪魔してきました。

 

f:id:kazuxfmb:20170127022314j:plain

 

上映が終わったあとにこれまでを振り返る映像が流れたときは大号泣したし、菱田監督がサプライズで登場したのにはびっくりしました。

 

バルト9のスタッフさんからの感謝の言葉、ファンからのたくさんのありがとう。最後のこの場所に居れて本当によかったと思いました。

 

せっかくなのでわたしとキンプリについて振り返ってみたいと思います。

 

初めてキンプリという言葉を見たのはツイッターでした。

ぼやーっとした記憶ですが、まえぬのことが好きなフォロワーさんがキンプリを観に行ったとかなんとかツイートしてた気がします。この時点ではキンプリが何かも知らなかったので、気にもとめてなかったんですよね。

 

そのあと徐々にツイッターでキンプリが話題なり、RTでレポ漫画やイラストが流れてくるたび、「キンプリ?」「キンプリって何?」とめちゃくちゃ気になるようになり。わたし基本的に流行りに弱いんです。流行りには乗りたいタイプなんです。

 

そこからちょっと調べて「キンプリとはアニメらしい」「初見でも大丈夫らしい」との情報だけで、初めて観に行ったのが3月?でした。ちなみに通常上映。

 

そのときの感想は「意味が分からない」でした。

 

本当に意味が分からなかったんです!!話の内容も分からなかったし、なんなら何故この作品が人気なのかも分からなかったんです。

ちょっとショックでした・・・観終わったら「わたしもキンプリ観たよ!超面白かったよ!キンプリはいいぞ!」って流行りに乗れたドヤ顔でツイートするつもりだったんです。でも、できなかった。

 

わたしには合わなかったのかな(´・ω・`)と思いながらも、帰りの電車の中ではひたすらキンプリでggってました。そこで初めてプリリズ(この時点で未視聴)というアニメのスピンオフであることを知り、各キャラの詳細も知ったのですが、この日は1日中キンプリのことを考えて、ずーっとggってました。

今思えばこの時点でハマってたんだろうなぁ。

 

その後、ggった内容で少しキンプリを知った気になって、「もう1回観てみよう!」と思ってすぐに通常上演2回目を観に行きました。さらに勢いで同じ日に初の応援上映も観たんですが、初めての応援上映は衝撃以外のなにものでもありませんでした。

  • 予告、CMから本番
    印象に残ってるのは「好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~」で告白する子を「がんばれー!!!!」って応援して、告白した後は「FUUUUU↑↑」って盛り上がったことと、「セブンイレブンのCM」でノリノリでのキンブレを振ったことですかね。「ずっとゆめ~をみて~」でキンブレを振る日が来るなんて誰が予想したでしょうか。

  • ありがとうございます!
    会社の名前も全力で叫びます。「タカラトミーアーツゥゥゥゥ!!!!!!」

  • わたしは人気声優
    アフレコシーンは公式動画やニュースで取り上げられまくってるので、キンプリ未視聴でも知っている人がいるかと思いますが、顔がぼやかされてる女の子が出てきたかと思ったら、突然現れる字幕。そして一気にヒロインになるわたし達。「あ~~~ん♡」

  • キンブレの色変え芸
    コウジ→紫、ヒロ→水色、カヅキ→緑、その他のキャラにもイメージカラーがあって、出番のときにキンブレをその色にするんですが、色変えの頻度がハンパないのに綺麗に揃っている色。

  • 格↑↑
    法月仁が「大事なのは格↑↑」で人差し指を上に向けるのですが、それに合わせて観客もキンブレを上にあげ、「彼は小物です↓↓」で人差し指を下に向けたときはキンブレも下にさげる。この時の一体感と動きの機敏さはすごい。漫画本だったら「ザッ!!」っていう効果音が描かれてる、絶対。

  • いーじーどぅだん!!
    話題になりまくったカヅキとアレクのバトル曲がEZ DO DANCETRF)なんですよね。聞いたことある曲が流れたときの安心感。初見からノレる嬉しさ。プライスレス。

  • 登場人物のひとり
    映画の中でオバレがステージから去り、ファンがショックで泣いているシーンがあるのですが、そのとき映画館のわたし達も泣く。というか、泣く演技をする。「ひっく…ひっく…」「えーん…」様々な泣き声が聞こえてきます。また、このシーンではライブ会場内が真っ暗になっているので、映画館のわたし達もキンブレを下げる or 消すんですが、この映像と一体化してるのが大好きだったり。

 

わたしこういう一体感に弱いんですよ。今まで色んなアーティストやアイドルのライブに行ってきましたが、決まったコール、動きとかがバチッと決まる瞬間が大好きなんです。応援上映1回目のときは何ひとつ出来なくて、途中からはキンブレを振るのすらやめたのですが、次回はもっと出来るようになりたい!!と意欲満々。まだ観に行く気満々。

 

こうやって3回目が終わった時点でようやくわたしはプリティーリズム・レインボーライブを観始めるのでした。プリリズを観なくてもキンプリは面白いと言われてるけど、やっぱり観た方が面白いと思うし、何より観てないことが失礼な気がしてきたんです。

 

元々女児アニメが嫌いじゃないわたしがプリリズを観終わるまでに日にちはかかりませんでした。プリリズ面白いです!!プリリズはいいぞ!!です。女の子のキャラクターがみんな可愛いし(わたしは特にあんちゃんとおとは♡)、曲もプリズムショーも最高なんです!

 

あと知らない事実がいっぱいあります!

 

コウジに彼女がいたとか、コウジが飛んでたジャンプは彼女のジャンプとか!!コウジ!!コウジ!!コウジ!!

 

キンプリではコウジ推しです。こういと大好き。

 

プリリズを完走してから観に行ったキンプリ(応援上映)は最高以外のなにものでもなかったです。プリリズ未視聴よりも100億倍楽しかったです。

キンプリの前半~中盤って割とプリリズの振り返りが多いんですよね。初見ではここが話が飛び飛びのように感じてしまって、脳内が迷子になってキョトンだったのですが、プリリズを知ってると逆に「あぁ~!ここ!」ってすっごく楽しいんですよね。

 

また、プリリズ視聴後はFlavorの悲しみが増しました。なんて切ない。そこからのコウジの旅立ちなんて涙なしでは見れません。プリリズ視聴後からはここのシーンで毎回泣いていました。

 

キンプリは確かに初見でも観れる作品だと思います。だけど、わたしはプリリズ視聴後の方が絶対に楽しいと思っています。何回か目にした「キンプリついていけなかった・・・」という感想を抱いてる人に声を大にして言いたい。プリリズを観てください!と。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

最後に・・・。

応援上映は本当に楽しくて、楽しいからこそ何回も通いました。ただ、やっぱり一時期ヤジがあったのも事実です。でもヤジを飛ばしている人は嫌な雰囲気にしてやろう!と思ってる感じじゃなかったんですよね、わたしが参加した回にいた人は。こういったら面白いだろ!という感じで言ってる風でした。結果、スベってたのですが。悪意あるヤジは論外ですが、不快って人それぞれのでなかなか難しいですね。

あと、上映日数が長くなればなるほど、声出すシーン・内容が固定化されてくんですよね。それを楽しい!と思ってもらえると嬉しいのですが(わたしが言える立場じゃないですが)、「ついていけない」と初見さんバイバイにならないといいなーと思ったり。

 

おっと。

暗くなってしまいましたね。気を取り直して最後はみんなでせーの!!

 

\ キンプリはいいぞ! /

 

 

※無理やりの〆。