輝く虹色の7つ星

好きなことを好きなだけ。

デビュー20周年記念書籍『てきとう』発売記念イベント

鳥さんの書籍が発売しましたー!(っ´ω`c)

 

てきとう

てきとう

 

 

書籍っていうと「活度見ると眠くなるし…」とか、「活字は苦手で…」って人もいるかと思いますが、いい意味で裏切られますよ!

料理本ですよ・・・(コソッ)

 

この書籍に伴ってあの!あの!鳥さんが期間限定でツイッタを始めたりとなんだかワクワクする展開が続いています。

twitter.com

アナログ人間の鳥さんがツイッタをやるはずがない…って完全に諦めてたのに、禁生でツイッタ始めましたって発表されたときは驚きと感動でアップアップでした。

今では毎日の癒しです(ゝω・)

 

そして、そんな書籍の発売を記念したイベント。

書籍を予約して、全額内金した人にはシリアル番号が記載された紙が渡され、CLUB animateから応募する流れです。

 

これまで何度となくCLUB animateからの応募系はやってきましたが、当たったためしがないんですよ(´・ω・`)

わたしは書籍を保存用とあわせて2冊買ったんですけど、ガチ勢さんはきっとどえらい量買ってるんだろうなーと思うとまず当たる気がしない(´・ω・`)

 

だから当落日もすっかり忘れてたし、何気なく毎日の日課であるPCメールのフォルダを覗いたら・・・

 

f:id:kazuxfmb:20161202203134j:plain

 

ghあぢはdh¥あえlgんあjdbd@9あ!?!??!??

 

びっくらこいた・・・。

当選するとは思わなかった。

 

しかもこの時点でイベントが「なで会」であることを知ったのでした。

 

なで会????鳥さんをなでなでしていいの????

でも鳥さん帽子があるからなでなで出来ないね????

もしかしてもしかしなくても、わたしがなでなでされるのかい??????(大!パニック!)

 

まさか声優さんのイベントでなでなでされると思わないじゃないですか!!ありがとうございます!!

 

そしてそんな大パニックイベントに今日参加してきました。アニメイト横浜店、なかなかに遠かったぜ(疲労)

 

f:id:kazuxfmb:20161202230734j:plain

 

アニメイトでのイベントには何度か参加したことがあるんですが、ほんっとに狭くて、最後尾からでも超見やすいんですよ。

 

よって、横浜に着いてからも念入りに化粧をする俺氏。

 

汗をかく→お粉をパタパタ→汗をかく→お粉をパタパタ、アイシャドーぬりぬり→汗をかく→汗をかく→汗をかく→諦める

 

ええ、汗っかきなんです(白目)

こんな汗っかきがなでなでされるとか許されるんでしょうか。頭がべちょっとしてないか心配しかない。メイト横浜店に行く前に本気でシャワー浴びたかった。

 

汗を気にするあまり若干会場入りが遅れてしまい、席は入場順だったのでちょっと後ろの方になっちゃったんですが、ステージの上にいる鳥さんがちょうど見やすい位置だったと思います。

f:id:kazuxfmb:20161202230709j:plain

f:id:kazuxfmb:20161202230723j:plain

 

イベントでは、事前に募集していた質問に答えたり、本の内容をお話したり。とっても楽しい時間でした。

 

そしてそれが終わると最後の大イベント。

鳥さんになでなでされるお時間です(一気に顔が強ばる)

 

なでなでされたらそのまま退出してイベント終了なんですが、前の席から順でわたしの順番は後の方だったので、他の人がなでなでされていく様子をひたすら観察してました。

一言くらいは鳥さんに話しかけられるんですが、鳥さんのリアクションがいい時はその人のことがちょっと羨ましかったり、はがしが結構キツいなと思ったり。

しょうがいないことなんですが、イベントのはがしのスタッフって敵に見えてくるんですよねーwww

 

そしていよいよわたしの番です。事前に決めてた「明日誕生日なんです!最後の日に鳥さんに会えて幸せです!」を言ったんですが、声うわずって大変でした。おしっこ漏れそうでした。

なのに、そんなくそキモイわたしにも鳥さんは笑顔で頭をなでなでしながら「誕生日おめでとうございます^^」と。

 

 

女神かよーーーーーーーーーー!!!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

一生ついていきますーーーーー!!!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

 

嗚呼、今まで鳥さんにお金遣いまくってきてよかった。

 

そのまま退店して家までまっすぐ帰ってきたんですが、ふわふわしちゃってどう帰ってきたのかあまり覚えてないんですよね。今でも鳥さんに頭撫でられたなんて信じられない。