輝く虹色の7つ星

好きなことを好きなだけ。

ファンミのシネライに参加してきた話

 

 

うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISHファンミーティングのBD・DVDの特別先行上映会、通称シネライに参加してきました。

 

シネライの会場は池袋に行きたいんですが落選続きなので「今回もだめかなー」「落選したら円盤待機しよう」と思いながら申し込んだら、珍しく当選したのでした。カルナイやヘヴがいないし、ファンミだったから倍率はそこまで高くなかった模様。

 

わたしが参加した日は開演時間が朝の9時というびっくりの早さ。会社に行くのと変わらない時間に家を出ました。サンシャイン通りに着くと、シネライに参加するであろう若い女の子たちを除いても、みんなこんな時間に何してんの??と聞きたくなるくらい結構な人数がいてこれまたびっくりでした。

 

今回は初めましての子と一緒したんですが、超超いい人で最近同行者に恵まれない続きだったわたしはとても嬉しかった。シネライも本当に楽しんでくれてて、お譲りしてよかったなーってそれだけで今日はいい日でした。

 

 

わたしが座った列に度を超えた悲鳴を上げる人がいてかなりキツかったんですが、それを除いては本当に楽しいシネライでした。やっぱりマジLOVEメドレーはコーレス含め最高にたのしい。

 

池袋のシネライは聖地なんて呼ばれたりもするくらい盛り上がりがハンパないです。コーレスもばんばんだし、キャラ名もガンガン呼ぶし、見せ場ではキャーキャーと本当のライブさながらに皆さんが声出ししてて、わたしはこの盛り上がりが大好きなので毎回池袋を申し込んでるんですけど、静かに見たい人に池袋は正直向かないです。ファンの方の声で演者さんの話が一部聞き取れなかったりすることもあったりします。度が超えた強めのファンの方の近くになってしまったときはもう諦めるしかない・・・。

みんなが楽しいシネライになるといいですねー。

 

シネライが終わってからは池袋メイトに行ってきました。エレベーターが相変わらず混んでたので階段で7階まで登ったら死ぬかと思った。

そして遅ればせながら大天才軍師のイベント円盤を購入してきました。

 

f:id:kazuxfmb:20181125234333j:plain

おまえらのためだろ!第52弾に参加してきた話

 

 

おまえらのためだろ(以下おまえら)、一般のチケットが当たったので仕事を早退して夜の部に参加してきました。

 

会場に向かう途中、チケットと一緒に送られてきた紙をふと見ると、届いたチケットすべてに「受付No.」と「申込者」を記入ください。無記入の場合は入場できません。と記載されていることを発見。そして血の気が引く。

 

f:id:kazuxfmb:20181125220148j:plain

 

この「受付No.」はチケットが送られてきた封筒に記載されており、封筒は自宅に置いてきていたので、今から確認して記入することは不可能。おまえらに参加させてもらうのは初めてじゃないのに大失態!

それより同梱されていたこの紙を会場に向かう途中に初めて見るということ事態がだめだめすぎる!これで会場に入れなくても文句は言えない・・・お願いしてもだめだったら自分が悪いから潔く諦めようという気持ちで向かいました。

 

会場に着いてすぐに外にいた男性スタッフさんに本当に申し訳ないと謝りながら事情を説明したところ、「大丈夫ですよー!念のため、入場時に記載がないことを伝えてください。」と言われ、神様ー!!!!と何度もお礼を言い、列に並んだのでした。

 

中に入るまでは安心できないとドキドキしながらもぎりの女性に事情を説明すると、「申込者は記載してあるんですよね?では、大丈夫ですよー。でも次回は気をつけてくださいね。」と言われ、なんとか中に入れたのでした。今後は本当に気をつけます(涙)あと、これを読んでくださっている方、入れるんだーと思わずにちゃんと受付No.と申込者は記載していってくださいね。わたしが言えた義理じゃないですけど。

 

今回の座席は2階席でした。前回も2階席だったので、一般で取るとチケットは2階席なんじゃないかなーと思います。2階席ってやっぱりちょっと残念な気持ちになるんですけど、おまえらでは得な部分もあるんです。

昼の部のことは知らないので比較はできませんが、夜の部は森川さんと檜山さんが2階から登場して2階席に着席してトークを繰り広げるところからのスタートだったんです。すぐそこにいた森川さんがかっこよすぎた///////

 

すべてをレポすることはできないので一部だけのお話になりますが、今回のおまえらはわたしがモーニング娘。にハマってから初めての参加だったので、陶山さんのハロプロトークがとにかく楽しみだったんです!

フィギュアスタンドキーホルダーを持参してハロの話をする陶山さん。「わかるううううう!」の連続でした。ときどき挟まれるよっちんの現場話にも大興奮。皆さんのハロの話をひたすら聞いていたいのでぜひラジオかニコ生で特番やってほしいです。わたし最近アンジュルムもちょっとはついていけるようになったんですよ!りなぷ~推しです。

今回陶山さんはハロ以外にもポケゴ、ポケモンの話もしてくれて。毎日ポケゴやってるわたしはそっちの話も胸熱でした。陶山さん達は出演者の皆さんが変身される間をトークで繋いでくださるんですけど(にわかなので違ってたらごめんなさい)、今回のトーク時間はちょーっと長めだったかな?でも、俺得な時間すぎてこれっぽっちも苦痛じゃなかったです。

 

今回は残念ながら鳥海さんが2階に上がってくることはなかったんですけど、そのかわり女装が超超超超絶可愛い雄馬たそが2階に来てくれました。至近距離で見れたんですけど、むちゃくちゃプリティでした。そして森川さんも2階に来てくださって、森川さんとはハイタッチができました。大きな手にドキドキ。おまえらでは通路側の席が取れるとこれを期待しちゃいますよね。

 

またお邪魔する機会があればぜひ参加したいイベントです。

 

f:id:kazuxfmb:20181109012155j:plain

QUARTET NIGHT LIVE FUTURE 2018のライビュに行った話。

 

QUARTET NIGHT LIVE FUTURE 2018のライビュに行ってきました。

 

utapri-movie.com

 

4人の本気にはいつだってビックリさせられます。

 

だって、あの森久保さんがハイキックしちゃうんですよ???

しかもきれいに決まってたんですよ!!!

 

 

MCを聞く限りこの頃はまだリハも開始されてなかったので、今回のライブでハイキックする前提で嶺ちゃんのツイートを拾ったわけじゃないのにまさか実行しちゃうなんて。

 

嶺ちゃんのソロ曲で1、2位を争うくらい大好きなNEVER...が聴けたのも嬉しかったなー。この曲の歌詞と嶺ちゃんの歌声がめちゃくちゃ好きです。自分(夢女子爆誕)よりも大人嶺二な目線の歌詞がたまらない。「車のシートで眠る天使が」っていう歌詞があって。天使って。はぁーーーーーーーーーたまらん。

前回同様、観覧車をバックに歌う姿は最高でした。 

NEVER...

NEVER...

  • provided courtesy of iTunes

 

 蘭丸は今回も BE PROUDでしくしくと泣きました。途中で蘭丸を後ろから映すシーンがあったんですけど、機材がかぶってしまってて。でもそれがうまい具合に春ちゃんが舞台袖から見てるかのような感じになってて。偶然の産物だったと思うんですけど、カメラマンさんやスイッチャーさんにお礼を伝えたいほど良かった。

BE PROUD 大好き。これまた歌詞がいい。歌詞の一部でも抜粋しようかと思ったけど最初から最後まで良すぎて抜粋なんてできねー。

BE PROUD

BE PROUD

  • provided courtesy of iTunes

 

蒼井翔太さんってすごくないですか????

 

 

今回のしょーたんは確実にさらに美風藍に近づいてました。実際に動くしょーたんは写真よりも41684684608倍美風藍に近づいてた。踊りも歌もパーフェクト。今回のシンクロニズムも可愛かったねー!!でもカメラは少し残念だった!!この曲のダンスのポイントは確実にお尻フリフリのとこだけど、お尻をアップで見たいわけじゃなくて、カメラには全身をおさめてほしかったんです。そしてお尻を凝視したかった。

シンクロニズム

シンクロニズム

  • provided courtesy of iTunes

 

あそこまで別人になれるの本当に尊敬します、まえぬ。曲が流れ始めるとわたしがよく知ってるまえぬは消えるんですよ。MC中はいつものまえぬだけど。上田竜也Gacktに憧れてGacktっぽくなったときも思ったけど、人って変わろうと思えば変われるんだなー。突然のジャニーズ(元KAT-TUN担)。

Double faceって前回のライブで大変そうだったからもう二度と歌わないんだろうな~なんて思ってたら、まさかの連続で歌ってきたの尊敬しました。伯爵モードが好き。

Double face

Double face

  • provided courtesy of iTunes

カミュさんの リングライトをつけてたり、カミュさんのブレスレットをつけてたりとぬかりがない。きっとフレグランスもカミュさんのをつけてたはず。ただの予想だけど当たってる気しかしない。ファンサも丁寧だし、ダンスもどんどんうまくなってるし、まえぬってすごいなーーーーーーー!!!!!(大の字)って思う。声帯役ありがとうございます。

 

ライビュ会場の様子としては、わたしは新宿の会場だったんですが満席でした。嶺ちゃんでいうところのマイボーイも結構いました。今回のライビュでは、公式以外のグッズは持ち込み禁止だったんですが、公式じゃないキンブレ持ってる人が多かったのはちょっと残念だったかな。あと、隣の2人組がずーっと喋ってたのも残念だったけど。 

今回は3rdと6thのキンブレを持って行きました。久しぶりの出番だったので見事に途中で電池が切れかけてきて色が出なくて焦りました。電池の予備は必ず持ち歩いてるんで大丈夫なんですけど、交換する暇がなくて大変だった。

 

f:id:kazuxfmb:20181109005805j:plain

 

 

 

 

 

 

 

わたしファンの方の幸せな感想ツイートを読むのが好きで、ライブ後とか毎回ツイッターで検索しちゃうんですけど、みんなの楽しそうな様子を見てほっこりしてました。あれやこれやで検索してたら愚痴垢ヒットしまくって死んだけど。

【会場情報】サンシティホール

 

www.suncityhall.jp

 

 

【最寄駅】

 

・JR武蔵野線 南越谷駅

東武スカイツリーライン 新越谷駅

 

わたしは東武ツカイツリーラインの新越谷駅から向かったのですが、サンシティホールのHPにあるアクセスマップがめちゃくちゃ分かりにくくて迷子になりました。

新越谷駅では東口に向かい、外に出たら右に歩いて行きます。新越谷VARIE(ヴェリエ)のビルに沿って歩いて行くと左手にイオンが見えてきます。左に曲がるとイオンの隣がサンシティホールです。

 

【周辺情報】

 

イオンはあまり大きくなく、時間を潰す用にはちょっと不向きです。ただ、新越谷VARIE(ヴェリエ)は無印良品や服屋、雑貨屋、飲食店もあり、こちらで時間が潰せそうです。

 

【会場の様子】

 

よくあるホールです。ロビーはあまり大きくありません。

 

f:id:kazuxfmb:20181022031507j:plain f:id:kazuxfmb:20181022031534j:plain

 

人狼バトルに参加してきた話

マリン・エンタテインメントさんが定期的に行われている人狼バトルに鳥海さんが参加されるということで昼の部に行ってきましたー!

 

 

f:id:kazuxfmb:20181022031507j:plain f:id:kazuxfmb:20181022031534j:plain

f:id:kazuxfmb:20181022031513j:plain f:id:kazuxfmb:20181022031526j:plain

 

 

最初の先行で当選したS席だったんですが、見事に1階席の最後尾でした!もう結構前から席にはこだわりがない派なんですが(もちろん席が良ければ嬉しい)、あんまり後ろの方だと目が悪いので表情とか一切見えないんですよね。顔オタじゃなくてよかった。

 

人狼バトルの参加は初めてだったんですが、結果から先に言うと、

 

めちゃくちゃ面白かった!!!!!!!!

 

夜の部のチケットを持っていないことを超後悔したほど。Twitterで譲渡はあったんですが(当日券もあったとか?)、いやね、金銭的な都合で・・・

 

 

最初に出演者からご挨拶があったあと、朗読劇からのスタートでした。

過去の人狼バトルを見てもわかるとおり、マリンさんの人狼バトルは「人狼VS王子」「人狼VS怪盗」のように村人の職業が決められていて、朗読劇ではその職業にちなんだストーリーとなっています。今回は戦国時代の武士でした。

鳥さんはスタミュの楪先輩風のカタコトで喋ってたかと思えば、いきなりキリッと薄桜鬼の斎藤一風のイケボになったりと楽しかったです。他の声優さん達の朗読も個性溢れる感じで面白かったんですが、結局その後の人狼中は武士風の喋り方をするわけでもなく、この職業ってゲームに全く関係ないんですよねー(笑)

 

人狼は自分ではやったことないけど、やってる人のを聞いて楽しんでたことがあったのでルールはバッチリでした。出演者さんが「人狼ゲームをやったことも見たこともない人ー?」って聞いたときに手を挙げている人がそこそこいたんですが、ルールは少しだけ複雑なのではじめましてだとちょっと理解するまでに時間がかかるかもしれないですね。今後人狼バトルを見に行く機会があれば、ちょっと予習するだけでもかなりゲームが楽しめると思います。

 

誰が何なのかはもちろんお客さんにも知らされないので、誰が人狼かを予想しながらゲームの行方を見守っていたんですが、ドラマチックな展開が繰り広げられて気づいたらだいぶ前のめりになって見てました。

個人的に高橋さんが多数決の処刑で選ばれ、捌けていくときに「俺はボディーガードでした!*1豊永くんのこともう守れないけど頑張って!*2」みたいなこと言ったときにヒェー!と鳥肌立ちまくりでした。

ちなみにマリンさんの人狼バトル、以前行われたものだと自分の役職を言って捌けるというルールがあった回もあったようですが、今回はそういうルールではなかったので、「俺はボディーガード」というのもかく乱させるための嘘という可能性もありました。まあ、結局は本当にボディーガードだったんですけどね。

 

昼の部の人狼は安元さんと菅沼さんでしたが、安元さんが一切怪しまれることなく最後まで残り、人狼の勝利となりました。昼の部はとっしーがとにかく面白かったです。

 

あーほんとに夜の部も観たかった!また次回開催されることがあれば、推しの声優さんが出てなくても行っちゃいそうなくらいお気に入りのイベントとなりました。

 

人狼バトルは円盤化もされてるので手を出してしまいそうな勢い。

 

 


声優イベントDVD企画「人狼バトル lies and the truth~人狼VS王子~」紹介用映像 #人狼バトル

 

 

楽しい1日をありがとうございました。

 

 

*1:騎士や狩人という場合もありますね。村人を守る役です。」

*2:とっしーは直前の昼のターンで霊媒師だと言っていたので。

【会場情報】横須賀芸術劇場

www.yokosuka-arts.or.jp

 

【最寄駅】

汐入駅

横須賀駅

 

汐入駅」の改札を出て右に曲がると目の前に横須賀芸術劇場があります。会場への近さを重視するなら、絶対に「汐入駅」の方がいいです。

 

横須賀駅」はGoogleMapさん曰く、徒歩で12分ほどかかるそうです。実際に歩いてみると遠いと感じるほどの距離ではないため、「横須賀駅」を使っても問題ないと思います。

 

【周辺情報】

 

横須賀芸術劇場の周辺には、大きなイオンがあります。フードコートのような場所やタリーズコーヒードトールコーヒもありますが、横須賀芸術劇場でイベントが開催されているときは混雑しており、タイミングがよくない限り座ってゆっくりすることは難しそうです。

ただ、イオン以外にも、バーミヤンスターバックスモスバーガーサイゼリヤなどもあり、時間がつぶせる場所はかなり多くあります。

横須賀駅周辺はパッと見お店がほとんどなかったため、どこかのお店に入ってゆっくりするのであれば、会場周辺で探した方が良さそうです。

 

【会場の様子】

 

大劇場はオペラハウス仕様となっており、5階バルコニー席まであります。

サイト内には、以下の注釈があります。

  • 4階・5階のサイドの席は、客席の構造上、お座りいただいた側の舞台が見づらくなります。体を斜めにしてステージをご覧いただくようになりますが、舞台には近いお席となります。

わたしは2階バルコニー席のサイドに着席したことがありますが、2階でも舞台に近ければ近いほど舞台の一部が見づらくなり、体を斜めに・・・というより多少身を乗り出して見なければならないこともありました。2階以上のサイドの座席は少しだけステージ側を向いて設置されています。2階以上の場合、サイドの席よりもステージの真正面にあたる席の方が見やすいかと思います。

座席の幅は広くはないため、体格がいい人が隣になると少しだけ窮屈になるかもしれません。

 

大劇場は横須賀芸術劇場の上の階にあり、終演後は階段でゆっくりと降りていくことになります。

 

f:id:kazuxfmb:20181017223406j:plain

大劇場入口

 

AD-LIVE 2018に参戦した話

 

ad-live-project.com

 

 

ありがたいことにAD-LIVEのぴあ先行に当選したので、鳥海浩輔さんと石川界人さんが出演された10月6日に横須賀まで行ってきました。

ニコ生の出演者発表会は初回放送から毎年見ていますが、実際に舞台を観に行くのは初めてです。出演者発表会ってほんと面白いですよねー。毎回誰が出てくるかわくわくして、観に行かなくても「この日絶対面白いじゃん!!」とか考えるの楽しいです。

鳥海さんファンなので鳥海さんがいる日しか狙ってませんでしたが、ファンとかそういうのなしに観に行くなら今年は下野さんと賢章くんの日が気になるなー。あと、今年のチケット激戦日となった櫻井さんと前野さんの日も観たい。

 

 

今回の会場となる横須賀は自宅からなかなかの距離でしたが、電車に長い時間乗ることは嫌いじゃないので、初めての電車や初めての場所を楽しんでたらあっという間でした。京急の座席ってびっくりするほどふかふかですね。全部の電車をあの座席にしてほしい。ふかぁ・・・

 

行きは汐入駅を使いました。こじんまりとした可愛い駅です。

f:id:kazuxfmb:20181017223257j:plain

 

改札を出て右に曲がると今回の会場である横須賀芸術劇場がすぐ目の前にありました。

f:id:kazuxfmb:20181017223317j:plain f:id:kazuxfmb:20181017223406j:plain

 

今回は「大劇場」が会場だったんですが、オペラハウス仕様ということで、今までに体験したことのないような会場でした。とても素敵な会場だったので、興味がある方はぜひサイトをご覧ください。

 

www.yokosuka-arts.or.jp

 

わたしは今回2階バルコニー席でステージを正面に見て左側の席でした。ステージに対して本当に真横にあたるうえ、椅子もそんなにステージ側に向けられていない造りだったので、近くの席の人が前のめりになるとステージが見えなくなる瞬間がちょっとだけありました。

 

公演中は演者さん達がボケたところが聞き取りにくくて、絶対に笑う場面だったのに「え?なんて?」となったことが何回かありました。言い方の問題なのか、会場の問題なのか分からないですが、わたしだけかなー?と思ってたんですけど、公演後に同じことを言っていた人に遭遇したので、同じ思いをした人は一定数いそうな感じ。でも、それに関しては責める気持ちがあるわけでもなく、しょうがないよねーと思っています。ライビュは聞き取れたのかしら。

 

今回の公演、どうまとまるのか最後の最後までまったく分からない展開でわくわく・ハラハラでしたが、本当に綺麗に収まったうえ、素敵な最後だったと思います。鳥海さんの最後のセリフ「抱いてやんよ」で会場中の鳥海さんファンは全員気を失ったと思う。界人くんも身体を張ったり、上手に進行させたり、本当に頑張っていました。

 

公演が終わった時間は確認していませんが、サイトに90分と書いてあるので、それくらいだったと思います。本当にびっくりするくらいあっという間に終わりました。普段参加しているイベントが大体2時間くらいあるので、30分も短いと「あれ?もう終わり?」という感じでした。 

 

わたしは2.5次元も含め、舞台を観に行ったことがないので(そろそろあんステご用意されて~~~)、舞台がどのようなものか知らないんですが、AD-LIVEもきっと一般的な舞台と同じような感じだと思います。

開演したらアドリブ劇が始まり、終わったら出演者が舞台上に集まる。それぞれ少しずつ今日の感想を話し、全員が話し終えたらもう終了のお時間。もっとお話を聞いていたいー!と思っちゃうくらい、アドリブ劇が終わった後はすぐに解散です。

 

 今回ちょっと思ったんですが、わたし人と笑いのツボがずれてるというか、笑いに対してシビアなところがあるっぽいです。AD-LIVEも舞台としてストーリーなどはすごくすごく楽しめたんですが、会場中がドッと笑ってるときでもわたしは笑っていないことが多く、もしかしたら周りの人達は「この人なんでこんなに楽しんでないの」と思っていたかもしれません。楽しくないとかそんなこと絶対ないですー><

 

f:id:kazuxfmb:20181017223335j:plain

f:id:kazuxfmb:20181017223325j:plain

 

今回物販では何も買わない予定だったんですが、終了後、気持ちが高ぶってしょうがなかったので記念に何か買おう!とサイトをチェック。ここで初めてグッズをまじまじと見たんですけど、キャストピンズが可愛い!鳥海さんのが欲しかったんですけど、ピンズはすでに昼の部の前に完売してたんですよね。残念。結局何も買いませんでした。

 

 

昼の部の鳥海さんは今回も女装でした!しげこー! 

 

会場をあとにしてからは、次の予定があったので駅に直行。帰りは横須賀駅を使いました。Google Mapさん曰く8分の道のりを歩きましたが、そんな遠くもなかったので、横須賀芸術劇場に行くときは横須賀駅もおすすめです。