輝く虹色の7つ星

好きなことを好きなだけ。

うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVELIVE 6th STAGEの1日目に参加して思ったことあれこれ。

 

kazuxfmb.hatenablog.com

 上記で書いた通り、わたしは例のリストバンドで開演に間に合わなかった1人です。そんなわたしが思ったあれこれ。

 

正直プリライが終わってから病み期に突入してました。ずーっと心がモヤモヤ。演者さんのツイートや画像、参戦した方のイラストレポを見逃したくなくてTLをずっと見てたものの、みんなの楽しそうなツイートに同じテンションにはなれず、死んだ魚のような目でTLを見ていました。

リストバンドの件は荒れに荒れていて、やめときゃいいのに検索しては落ち込んだりして。このままだとネガティブツイートしてTLの雰囲気を悪くしてしまいそうだったので、自然とツイッターを見る回数が減ったのでした。

 

病んでる間はうたプリの曲もなんとなく避けたし、「うたプリ・・・疲れた・・・」なーんて思ったりもしました。だからといって、うたプリを嫌いになったわけではなかったし、離れようという気持ちは全くなかったです。疲れたとか言いながら、テレビでねるねるねるねが映ったときに無意識に「セシルちゃんにねるねるねるねあげたい」って思ったし。気付いたらツイートしてたし。わたしの生活の中心はやっぱり愛島兄弟。

 

もともとネガティブな気持ちは寝て忘れるタイプなので、今回も1週間たった頃には気持ちも落ち着いてました。落ち着いたので色々書こうと思ったのですが、自分の気持ちを文字で表すのってこんなに難しかったっけ??ってくらい、書いては消してを繰り返し、気付いたら数日経ってました。

 

結局うまくまとめられなかったので、何が言いたいのかよく分からない感じになってしまったけど、あの時こんな気持ちになってたんだな~っていう思い出のひとつとして残します。あくまで1個人の感想であり、誰かと争う気もないし、同調を求めるものでもありません。それも考えの1つだよね~って柔軟になれない方は回れ右です。ブラウザバック推奨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちが落ち着いてから、改めて公式サイトを確認したのですが、リストバンドに関しては、「会場内が広いため、時間には余裕をもってお越しください。お客様のご協力をお願いします。」と記載されていました。

時間に余裕をもって来てほしい理由は「会場内が広いため」ですね。ふむふむ。

確かにリストバンドの発行を行っていたC駐車場からドーム入口まではそこそこの距離がありました。また、ドーム内に入ってからも思ってた以上の上り坂と広さに、席まで一苦労でした。入口と真反対の席であれば、C駐車場から長めに見積もって15~20分くらいはみておいた方がいい感じでした。そのため、会場が広いから早めにきてほしいのは十分に理解できます。

 

なお、1日目のリストバンドの件があって、2日目に再度周知された文章には、「会場が広く、また多くのお客さまがご来店されるため、身分証確認・リストバンド発行、お席への到着にたいへんお時間がかかります。(略)お早めのご来場・ご入場にご協力ください。」と記載されています。

リストバンドの発行にお時間がかかる記載になりましたね。

2日目は1日目の件を受け、スタッフが増員され、スムーズだったそうですが、それが1日目から行われなかったことが残念でなりません。

 

物販もそうですが、最近はことあるごとに会議の様子を見せてほしい!って思っちゃいます。例えば、今回の物販で売り切れが出るたびに、「どういう経緯でこの上限にGO出した??」「なんでこの在庫数でいけると思った??」

 

「会議の内容教えて!!!!」

「議事録見せて!!!!!!」

 

今回のシミュレーションも同様です。お詫び文に「16:30までにお客様全員に滞りなくご入場頂けるように事前のシミュレーションを行ってまいりました」と記載してありましたが、これで??シミュレーションを行いながらこの大惨事??

 

 

「シミュレーションの内容教えて!!」

 

もちろん無理なことは分かりきってます。でも、どんな話し合いがなされてるのか気になりません??いっそ裁判員制度みたいに会議にヲタクを参加させてほしい。

 

 

プリライに参加することが決まってから、色々調べました。西武球場前駅にはファミリーマートしかないという記載を見て、Google Mapの航空写真やらストリートビューで周辺の確認もしました。本当にファミリーマートしかなかった・・・。

 

この環境+物販に参加しない+会場で予定なし(友達と会うなど)+リストバンド発行=開演何時間前に行きますか?

 

わたしは友達と話し合い、リストバンド発行+会場が広いという2点を踏まえても開演の1時間半前に着けば余裕だと思いました。今でも開演の1時間半前は遅くないと思っています。でも「早めに行ったのに間に合わなかった」と主張するつもりは毛頭なく、考えが甘かったと反省しています。

 

この環境+物販に参加しない+会場で予定なし(友達と会うなど)+リストバンド発行+リストバンドは初めての試み+あの運営=開演時間何時間前に行きますか?

 

赤字の部分を考えていなかったことを。

リストバンドというシステムが今回初めての導入で(プリライ1日目に至っては初めて中の初めて)、発行場所がどれくらいの規模なのか、結構並ぶのかなど、すべてが未知であるからこそ、自分が思うよりももっと早めに行くべきでした。

 

 

でも想定外だったんですよ。まさかあんな少人数でリストバンドを発行しているなんて。列の整理も一切やらないなんて

 

みんながもっと早くに並んでいれば今回の件は起こらなかったのかな?極端なことを言えば、30000人以上が全員10時に並んだら、全員開演までに入場できたのかな?あの人員配置などでは、どうやっても開演までに間に合わない人は出たんじゃないかな?

 

「早めに」「余裕をもって」ってどれくらいの時間を指すのかは人それぞれで、「早めに行かなかったお前らが悪い!」と言われても、「わたしが考える早めの時間に行ったんです」としか言えなくて悲しい。

 

 

今回、開演時間までに着席していたにもかかわらず、開演時間が押し、100%のプリライを観ることができなかった人達、登場してすぐ空席の多い景色を演者さんに見せる結果となったこと、心の底から申し訳ないと思っています。

 

「わたし達が開演時間までに入場できなかったことで迷惑をかけた」これは紛れもない事実です。でも、わたしは開演時間までに入場できなかったことの根本は(リストバンドの)運営側にあると思ってならないです。だから、開演時間までに着席していた人達も演者さん達も、結局はみんなが運営の被害者だと思っています。

 

開演するときのワクワク感を味わえなかったこと、大切なオープニングを観ることができなかったこと、今でも辛いです。でも、いくら不満をぶちまけてもあの日は帰ってこない。だから、もうこれをもってあの日のことは考えないようにします。

 

f:id:kazuxfmb:20170607002130j:plain